QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



       
胆嚢がんと漢方薬
関連病気:


がん/癌の漢方薬症例



漢方薬の効果は日本一を最高の目標として追求し続けてき ました。 常に、中国5000年伝統漢方の智慧に日本中国の最新の研究成果を 取り入れ、日本に紹介します。
当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な難病の西洋医学情報はへ  


※効果効能は個人差ありますので、全ての方は改善保証するものではありません。
※ この体験談は個人の感想であり、 製品の効能、効果を 説明するものではありません。


症例:胆嚢がん  
    関東地方 80代 女性 
  2015年8月1日

2015年8月1日
漢方薬を2週間服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は家族からの声です>


漢方薬を服用して、食欲が出てきて、肝機能も改善されました。

漢方治療開始前まで経過:2015.5.30
1年前から発症



(末期ガン術前術後)
「がんの漢方特別相談」

 
当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な癌の西洋医学情報は他の西洋医学専門サイトをご参照お願いします。





胆嚢がん概説

女性に多く発症するがん

胆嚢と胆嚢管に発症するがんです。60~70歳代の女性に多く男性の1.5~2倍の発症率と言われます

初期では無症状のことがほとんどですが胆石症合併していると胆石による腹痛や発熱が現れることがあります

進行してくると右脇腹の鈍痛外から触るとわかる胆嚢の腫れ、黄疸や食欲不振吐き気嘔吐腹部の膨満感などが現れます

西洋医学治療

早期の胆嚢癌は手術治療による外科的切除で根治が期待できるが早期発見が困難なことが多い。進行胆嚢癌に対しては、手術治療化学療法(抗がん剤)放射線療法を含む集学的治療が行われる。

手術療法

根治切除(認識できる癌を残さず取る手術)が可能な場合に行われる。他臓器転移を有する症例は切除による治療効果が望めないため、通常は対象とならない。
(単純)胆嚢摘出術
胆嚢のみを切除することで、リンパ節転移のない早期胆嚢癌に行われる。胆嚢摘出術は腹腔鏡下に行われることも多い。拡大胆嚢摘出術
胆嚢近傍の肝実質(肝床部)も胆嚢と一緒に切除する術式。肝床切除術ともいう。胆嚢癌は肝床部に浸潤しやすいことから、肉眼で見えない癌の取り残しを防ぐ意味合いがある。同時に所属リンパ節郭清も行われる。進行胆嚢癌に対する手術術式としては比較的ポピュラーであるが、解剖学的区分を無視した肝切除に異論もある。肝S4a 5切除術
胆嚢に加え、肝臓の一部(S4a, S5)を解剖学的区分に沿って切除する術式。胆嚢から肝へ流入する静脈はまずこの領域へ入ることから、初期の肝転移はこの領域に発生するという理論に基づいている。微小転移が含まれる可能性が高い領域を系統的に切除することにより肝転移再発を抑制し、生存率を向上させることが狙いであるが、拡大胆嚢摘出術に対する優位性は明らかではない。肝拡大右葉切除
胆嚢、肝外胆管に加え、肝臓の右側半分強(体積比では約7割)を切除する術式。癌の浸潤が肝右葉の主要な動脈やグリソン鞘に及ぶ場合に行われる。その他の系統的肝切除
癌の浸潤範囲により、肝中央二区域切除術、肝右三区域切除術などが行われる。肝膵頭十二指腸切除術
上述した各種術式に膵頭十二指腸切除を加えるもの。癌が膵臓や十二指腸に浸潤している場合に検討される。また進行胆嚢癌に対し、肝十二指腸間膜リンパ節傍大動脈リンパ節No.13リンパ節等の膵頭周囲リンパ節の完全郭清を目的に行われることもある。肝と膵を同時に切除するという非常に侵襲の大きい術式であり、リスクを上回るメリットがあるかどうか特に慎重に検討される。
化学療法

切除不能な進行胆嚢癌に対し行われる。胆管癌と包括し胆道癌として同じ化学療法が選択される。 確立された標準治療法は存在しないが、ゲムシタビンを中心とした多剤併用療法が標準とされている。
ゲムシタビン(GEM)単独療法
S-1(S-1)単独療法
ゲムシタビン(GEM)+シスプラチン(CDDP)併用療法:GC療法(標準第一選択療法)
ゲムシタビン(GEM)+S-1(S-1)併用療法:GS療法
ゲムシタビン(GEM)+オキサリプラチン(L-OHP)併用療法:GEMOX療法(保険未適応)
GEMOX療法+エルロチニブ療法:GEMOX療法より優位性が指摘(保険未適応)
GEMOX療法+セツキシマブ療法:GEMOX療法より優位性が指摘(保険未適応)

他様々なレジメンが提唱されているが、研究段階である。

放射線療法

癌の縮小や症状の改善を期待して放射線の照射が行われることがある。

予後

早期胆嚢癌は切除されれば予後は良好で、Stage Iの5年生存率はおおむね90%を超える。Stage IIでも切除後の5年生存率は60%程度であるが、StageIII以降の治療成績はきわめて不良であり、5年生存は稀である。切除不能な胆道癌(胆嚢癌以外も含む)に対するゲムシタビン単剤投与の生存期間中央値は7.6ヶ月と報告されている。








予約制

メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  09018601469 :  




最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)



今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします

問い合わせください


 


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




薬局・-ページトップへ戻る当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  

Copyright(C) All Rights Reserved.