QLOOKサイトマップ解析

Q&A 中国漢方薬               Staff

Q & Aよくあるご質問  


Q漢方薬に保険はききますか
A当中国医学センターでは、保険漢方のお取り扱いはしておりません。すべて自費扱いです。
 しかし、保険診療の制限で漢方薬の効き目が弱いために、専門の病院がわざと保険診療にしないのも多数です。

Q
漢方薬は医療費控除の対象になりますか。
漢方薬は医療費控除の対象としない場合があります。

Q
 お医者さん、病院には煎じ薬とエキス錠剤、丸剤など既製品はどう使い分けですか
A 漢方薬は煎じ薬とエキス製剤ではいろいろな違いがあります。専門医療機関は煎じ薬を用いて、各種慢性疾患難病などのを行っています。
 1 漢方エキス、錠剤、丸剤など既製品
長 所 エキス製剤は複数の生薬を決まった割合で用いて大量生産された製品で、保険適用があり、エキス製剤錠剤 手間をかけず、携帯性よく、味が飲みやすい
 短 所 成分の加減ができない、生薬の品質がわからない、薬効は煎じ薬にははるかに劣りますし、患者さんお一人お一人に合わせて不要な生薬を除いて必要な生薬を加味することできないという点で軽症の患者さんの以外に力不足となる、慢性病の根本的なには不向きなこと 
 2 生薬煎じ薬
煎じ薬 は漢方薬の原点、即效性があります、複雑な症状にも、処方の加減対応できます。 生薬をひとつひとつ選択して、必要な種類を必要な量だけ配合することが可能です。 保険の制約により、本当に必要な種類の生薬を使用しない、本当に必要な用量を減量したり、効果が低下します。このため専門医療機関では効果を優先し、厳選した上質な生薬を使い、患者の一人一人、またその時に合わせて最適の生薬、最適の量を使ったを提供することができます。 





Q漢方薬はどうやって煎じますか
A 10~15分ほど水に浸し(急ぐ時は省略しても結構です)、 土瓶かホウロウ製の鍋、で火にかけ、一度沸騰したら弱火で30~40分ほど煮出します。自動煎じ器具を使えば水に入れてスイッチを押すだけです




Q漢方は苦いですか
『良薬口に苦し』という諺があるくらい、お薬とは決しておいしいものではありません。漢方薬は一般のお薬と違い、体質に合わせて調合されているため、最初飲みづらくても体が受け入れ、通常は何日ほどで味にも慣れてきます。その特殊な気味が好きな患者もたくさんあります、これは、その漢方がよく効くからです。毎日生活に欠かせないもぼとします。




Q
漢方薬はどのくらいの期間飲めばいいのですか
A風邪のような急性症状に対して飲む場合は、数日〜1週間程度です。 症状の原因となる体質を改善する場合は、早くでも1、2ヶ月から、一般的には3ヶ月〜半年が基本です。 長年の体質、生活習慣病、アレルギーなど免疫性の疾患、難病など場合はは、1〜数年かけてじっくり改善していくこともあります。漢方薬は長く継続しての服用が大事です。





p1




ページトップへ戻る