QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



       
進行胃がん、末期胃がんと漢方薬
関連病気:


がん/癌の漢方薬症例

(末期ガン術前術後)
「がんの漢方特別相談」

 
当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な癌の西洋医学情報は他の西洋医学専門サイトをご参照お願いします。





進行胃がん、末期胃がんの概説

顕著な症状はみぞおちやの上に硬くでこぼこしたしこりが触れることです

また、舌が褐色になったり出血しやすくなります

食事が喉を通りにくい、胃の重圧感体重減少貧血貧血による動悸やめまい味覚異常口臭腹水や吐血タール便なども見られるようになります。がんが粘膜下層まで広がるとリンパ節転移や遠隔転移の可能性が高まります臓器転移は肝臓や肺に多く見られます

がんが筋層まで広がると、がんの発育は急速にスピードを上げさらに漿膜に達すると、がんが漿膜を破っていく腹腔内に散っていく腹膜播種性転移られるようになります

治療概説

根治手術と呼ばれる切除手術が主流です。Ⅱ期、Ⅲ期では、予後は比較的良好です

術後に抗がん剤を用います。胃を切除する際は残った小腸を使って食べ物の通り道を再建します

Ⅳ期以降では切除手術を行っても治る可能性が低くなります

手術が不可能な場合は抗がん剤による治療行いますが近年の抗がん剤治療成績が飛躍的に向上していますその他新薬や新しい治療法の開発も進んでいます,特に漢方医学治療は注目されています。あきらめないでください。

内視鏡治療

分化型でリンパ節転移の無い早期胃癌と診断される病変に対し、EMRESDといった内視鏡治療が広く行われてきている。
手術治療

以前より、根治術として外科的手術は根幹を成しており、胃切除術+リンパ節郭清が根治術の基本である。

また、癌の進行が進んでいると術前診断がなされれば、大網膜脾臓胆嚢といった周囲他臓器合併切除を行う拡大手術が行われる。

化学療法

胃癌に対する化学療法は、術後の補助治療や、術後再発、全身転移周囲浸潤を生じ手術的加療による根治が困難な場合に施行される。化学療法に用いられる薬剤の一部を下記に示す。薬剤の投与量タイミングの組み合わせによって様々な「レジメ」(レジメン)ともいうが提唱されている。
S-1
CDDP(シスプラチン)カルボプラチン
CPT-11(イリノテカン)
パクリタキセルドセタキセル
メソトレキセート
5-FU
UFT

など。

分子標的治療薬

近年、開発が進んだ薬物群である。特定の受容体酵素を低分子化合物もしくはモノクローナル抗体がある。上皮細胞増殖因子などの細胞の増殖シグナルの阻害や癌細胞の直接傷害により治療する。現在、治験や研究段階にある。
トラスツズマブ(抗HER2モノクローナル抗体製剤, 商品名: ハーセプチン)
ベバシツマブ(抗血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) モノクローナル抗体製剤、商品名: アバスチン)
ゲフィチニブ(チロシンキナーゼ阻害剤, 商品名: イレッサ)
エベロリムス(mTOR阻害剤、ペプチジルプロリルシストランスイソメラーゼであるFKBPを阻害する。現在、治験が進められている)

放射線治療

腺癌が多いため、放射線療法は多くは行われない。術後病変に対する治療や、未承認治療法として術中照射(intraoperative radiation therapy)が手術の補助として有効かどうか研究されている。

生物学的療法(免疫療法)

生物学的療法(免疫療法とも呼ばれる)は身体の免疫が癌細胞を攻撃するのを補助する治療法であり、他の治療法の副作用から回復させる補助としても施されることがある。未承認治療法として他の治療法と併用して、再発癌の防止する生物学的治療法研究が医者によって進められている。別の生物学的治療法として、化学療法中あるいは治療後に(白血球など)血球が減少した患者に、コロニー刺激因子などを投与して、血球数レベルの回復の手助けをすることがある。ある種の生物学的治療法を受ける患者は入院が必要な場合がある。

予後

早期に発見され治療が行われれば予後の良い癌である。国立がんセンター中央病院胃癌グループの統計によると、5年生存率は胃癌全体で71.4%、StageIで91.2%、StageIIで80.9%、StageIIIで54.7%、StageIVでは9.4%であった。





胃がんの症例    (漢方雑誌にて)
小剤量の化学療法と長期漢方を併用で延命した症例
男性 41歳
病歴:上消化道出血で緊急入院。胃ガンが発見されました。膵臓と主腹動脈が癒着され、切除ができないため漢方を始めました。
症状:胃がもたれて軽い痛みを伴い、唾液がよく出る。寒がりで食欲なく、下痢気味。顔色は白い。
処方:黄耆トウキ白芍地黄党参白朮茯苓高良姜コブシ半辺蓮大棗山査子神曲・等。
二診、胃の症状が少し改善。食欲増加。
三診、少し元気になり左上腹部にこぶし大の塊があり、硬くて動かない。堺ははっきりしていない。腹水なし。小剤量の化学療法開始と漢方を併用。6週間続く。
四診、小剤量の化学後検査は自覚症状改善。体重が増え、ガンが小さくなり在宅療法に変わりました。
在宅漢方処方:黄耆トウキ白芍地黄党参白朮茯苓高良姜半枝蓮枸杞実女貞子ヨクイニンコブシ半辺蓮大棗山査子神曲半夏・等。
五診、小剤量の短期の化学療法と長期の漢方。

胃ガンの症例②    (漢方雑誌にて)
小剤量の化学療法と長期漢方を併用で延命した症例
男性 56歳
病歴:進行性痩せ、貧血、胃がもたれて食後はひどくなる。ゲップ。大便は黒い。1日1~2回。病院検査の大便潜血(++)、胃カメラで胃小弯腫瘍、表面が炎症あり出血。
診断:胃腺ガン。
手術したが、癒着したために完全に除去できなかった。漢方を始めました。
症状:動悸息切れ、食欲不振下痢気味。手足の疲れ。不眠症。顔色が白い。舌は淡胖
処方:ニンジン白朮黄耆遠志茯苓トウキ棗仁ハクシ蜂房白花蛇舌草虎杖・等
二診、睡眠と動悸が改善。まだ下痢気味。処方を加減。
三診、小剤量の化学療法開始。長期漢方を継続。10cm×8cmの腫瘍。
四診、6週間後超音波検査でガンが少し小さくなり、6cm×4cmの腫瘍。退院。
五診、在宅漢方を開始。
処方:血余炭白朮黄耆遠志茯苓トウキ棗仁ハクシ蜂房白花蛇舌草虎杖・等
その後、ガンと共存。最後消化道出血で死亡。



予約制

メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  




最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターでは、
中国医学漢方薬では、表面に出でる症状を押さいるだけではない、その病気のもとの体質、もとの原因、また再発しないように時間掛で根本的を行う。
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします

問い合わせください


 


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




薬局・-ページトップへ戻る当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.