QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



 
がん性疼痛に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:


がん/癌の漢方薬症例


「がんの漢方特別相談」

   がん性疼痛と漢方工事中


当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いあたしますが、より詳細な癌の西洋医学情報はほかの西洋医学情報サイドご参照お願いいたします。



本物漢方医学漢方薬を受けた当薬局患者さんから喜びの声が続出・・







症例:胃ガン(癌)の痛み    腹水                      千葉県市川市53歳 男性

漢方効果:
の漢方を飲んで、痛みがおさまって。
副作用もないので本人は病院の痛み止めは飲まず。
漢方の痛み止めだけを飲んでいます。痛み度合によって、
飲む量を多くしたりしています。

                                        
病気経過:胃がん2月3日手術をし、10月再発腹はれ、痛みと腹水
現在通院の病院:
東京医科歯科大学市川病院
千葉県愛友記念病院 消化器科

                                            2014/1/17




がん性疼痛について


西洋医学治療法

癌性疼痛緩和は主として、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)やアセトアミノフェンのような非オピオイド系鎮痛薬とコデイン、モルヒネ、フェンタニルなどのオピオイド系鎮痛薬を組み合わせて治療が行われる。治療の基本方針はWHOが定めている以下の《癌性疼痛の治療5原則》に従う。
経口投与を基本とする
時間を定めて定期的に投与する
3段階の除痛ラダーに沿って投与する
患者に見合った個別的な量を投与する
患者に見合った細かい配慮をする


ここでいう「細かい配慮」とは、処方の説明や副作用に対する対策のほか、モルヒネなどの「麻薬」に対する誤解を解くことも含まれる。また3段階の除痛ラダーとは次のようなものである。
1.非オピオイド(アスピリン、アセトアミノフェン等)± 鎮痛補助薬
2.弱オピオイド(コデイン、トラマドール等)± 非オピオイド ± 鎮痛補助薬
3.強オピオイド(モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン等)± 非オピオイド ± 鎮痛補助薬

最初はオピオイドなしから始めて、痛みが残存するないし増強する場合は次の段階の投薬に進む。ラダーの段階は腫瘍の病期とは関係なく、疼痛の強さにより決まるものである。強オピオイドを用いる場合、治療効果や副作用の変動に応じてオピオイドの種類を変えるオピオイドローテーションを行う。また体動時痛、突発痛は安静時の投与量では制御できない[5]為レスキュー(頓服薬としての使用)で薬量を調節する。
強オピオイドでの抵抗性、副作用で増量できない場合は神経ブロックが検討される。骨転移(硬膜外鎮痛法、くも膜下鎮痛法)。上腹部内臓痛(腹腔神経叢ブロック、内臓神経ブロック)。直腸由来の内臓痛、下腹部痛、腰痛(下腸間膜動脈神経叢ブロック)など。




骨転移の疼痛緩和

骨疼痛緩和には、鎮痛剤の利用だけでなく、抗腫瘍治療の併用が必要であるとされる。 なぜなら、治療がなくがんの進行を放置すると進行に伴い薬量がやがて投与できる上限に達して痛みに対応できなくなるからである。また、骨転移では放射線治療などで、原因となるがん細胞をなくすことにより、正常な骨再生によって骨折を予防が期待できるとされる。 特に、脊椎転移は脊髄を圧迫し、部位により膀胱直腸障害、四肢麻痺をきたす恐れがあり、手足のしびれ感や排尿の回数が減った場合で、首や背中や腰が非常に痛ければ、その症状が出て2日以内に適正な治療が必要となる(整形外科的手術や、ステロイド薬併用放射線治療など、70パーセント以上で重大な障害は回避できるとされる)。








中医学ではその病名だけではなく、症状や体格体質など(「証」と言います)をみて処方を決めます。
「証」に応じた処方を行うことにより、さらに様々な自覚症状が改善されていきます。

最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターでは、多く 11当中国医学センターの中国医学では 1、多く 1
中国医学漢方薬では、表面に出でる症状を押さいるだけではない、その病気のもとの体質、もとの原因、また再発しないように時間掛で根本的を行う。
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします







予約制
メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  


 
  


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




薬局・-ページトップへ戻る
当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.