QLOOKサイトマップ解析
                                                 
 /千葉県

難病特集:特発性ステロイド性骨壊死症
       


特発性ステロイド性骨壊死症に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:



  漢方薬の効果は日本一を最高の目標として追求し続けてき ました。 常に、中国5000年伝統漢方の智慧に日本中国の最新の研究成果を 取り入れ、日本に紹介します。
当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な難病の西洋医学情報はへ  


‖概念
SLE(全身性エリテマトーデス)などの膠原病や各種臓器移植後において、ステロイド剤の大量投与に関連して起こる疾患である。多くは大腿骨頭に壊死が生じるが、上腕大腿骨頭や、大腿骨遠位端、脛骨近位端などにもでることがある。治療は長期間に及ぶこともあり、医療経済学的に問題が大きい。また、青壮年期に好発して労働能力を著しく低下させることから労働経済学的にも大きな損失を生じる。患者のQOLに大きな影響を与えるため、早期に適切な診断を行い、効果的な治療へと結びつけていく必要がある。
本稿では特発性ステロイド性骨壊死症のうち、もっとも問題となる特発性ステロイド性大腿骨頭壊死症について述べる。
‖疫学
2005年度に行った全国疫学調査で、2004年の1年間の受療患者数は11400人、男女比は5:4、年間新患数は 2220人と 推定された。確定診断時年齢のピークは男性では40代、女性では30代であった。背景因子は「ステロイド全身投与歴あり」が51%、「アルコール愛飲歴あり」が31%、「両方あり」が3%、「両方なし」が15%であった。「両方あり」を含めると、ステロイド関連は54%と過半数を占めた。ステロイド全身投与の対象となった基礎疾患は、SLEが31%と最多であった。
‖病因
病因として、酸化ストレスや血管内皮機能障害、血液凝固能亢進、脂質代謝異常、脂肪塞栓、骨細胞のアポトーシスなどの関与が指摘されている。これらのなかで、最新の研究成果として血管内皮細胞の機能障害が注目されており、ステロイドが血管内皮細胞のアポトーシスを誘導することや、 eNOS発現を抑制してNO bioavailabilityを低下させ、その結果血管内皮機能が低下することが報告されている。しかし、本疾患発生に至る一義的原因としての十分な科学的根拠までは得られていないのが現状であり、動物モデルを用いた基礎的研究や臓器移植症例を対象とした臨床的病態解析が続けられている。
‖症状
発生しただけの時点では自覚症状はない。自覚症状は大腿骨頭の圧潰が生じたときに出現し、この時点が大腿骨頭壊死症の発症である。大腿骨頭壊死症の発生と発症の間には数ヵ月から数年の時間差があることを十分に認識すべきである。
自覚症状としては、急に生じる股関節部痛が特徴的であるが、股関節周辺には自覚症状がなく、腰痛、膝部痛、殿部痛などで初発する場合もあるので注意が必要である。また、初期の疼痛は安静により2~3週で消退することが多いことや、再び増強したときにはすでに大腿骨頭の圧潰が進行していることも知っておくべ きである。大腿骨頭が圧潰しても股関節の可動域は末期まで比較的保たれることが多く、徒手検査で得られる情報量は少ないことも注意すべき点である。ステロ イド大量投与歴のある患者がこれらの症状を訴えた場合は、まず本症を念頭に置いてMRIを撮像することが望ましい。
‖治療
治療法の選択には、患者背景(年齢、内科的合併症、職業、活動性、片側性か両側性か)、病型分類や病期分類を考慮する。
(1)保存療法
病型分類で予後がよいと判断できる症例や症状が発症していない症例は保存療法の適応である。関節症性変化が進むまで可動域は比較的保たれるため、積極的な可動域訓練は必要ない場合が多く、疼痛が強い時期にはリハビリテーション的アプローチにより安静を指示すべきである。杖などによる免荷が基本となり、体重維持、長距離歩行の制限、重量物の運搬禁止などの生活指導を行う。疼痛に対しては 鎮痛消炎剤の投与で対処する。しかしながら、これらの方法では圧潰の進行防止は大きく期待できないため、圧潰進行が危惧される病型では骨頭温存のための手術療法の時機を逸しないことが重要である。
(2)手術療法
症状があり圧潰の進行が予想されるときは速やかに手術適応を決定する。若年者においては骨切り術を主とした関節温存手術が第一選択となるが、壊死範囲の大きい場合や骨頭圧潰が進んだ症例では関節置換術が必要となることもある。

A.骨頭穿孔術(core decompression)
骨髄内圧を減少させることにより、疼痛などの症状の軽減が得られる。しかし、最終的な骨頭の圧潰を防ぐことはできず、time saving operationの位置づけである。欧米では比較的多く行われているが、本邦では骨生検が必要な場合以外にはあまり用いられない。

B.内反あるいは外反骨切り術
転子部で内反あるいは外反させることで壊死部が荷重部からはずれるときに適応がある。大腿骨頭壊死症の場合は内反が適応となることがほとんどある。

C.大腿骨頭回転骨切り術
大腿骨頚部軸を回転軸として大腿骨頭を前方あるいは後方に回転させることで壊死部を荷重部から外し、健常部を新しい荷重部とする方法である。また、同時に大腿骨頭を内反させることにより、寛骨臼荷重部に対する健常部の占める割合をさらに増やすことができる。
壊死部は大腿骨頭の前内方に位置することが多いため、前方回転で対処することが多いが、壊死部が後方にある場合は前方の健常部を利用するため、後方回転が必要となる。大腿骨頭栄養血管の解剖学的位置関係から、後方回転の方が回転角度の許容性が大きい。

D.骨移植術
骨移植術には骨壊死巣を掻爬して海綿骨を充填する方法、遊離皮質骨移植(腓骨、腸骨、脛骨など)、血管柄付き骨移植術(腓骨、腸骨)などがある。しかしながら、圧潰を防止しうるだけの十分な骨強度が得られるのかについては論議のあるところである。健常部の更なる獲得を目指し血管柄付き骨移植術と回転骨切り術との併用も報告されているが、手術侵襲は大きなものとなる。

E.人工骨頭および人工関節置換術
圧潰による関節変形が進行した場合や壊死領域が大きい場合は人工骨頭置換術や人工股関節全置換術の適応である。若年者への人工骨頭や人工関節置換術の適応には慎重でなければならない。

F.関節固定術
若年者で活動性が高く、片側性の場合に考慮される。
‖予後
壊死領域の大きさと位置により、大腿骨頭の圧潰が将来発生するかどうかはほぼ予測できる。ごく小範囲の壊死であれば自然消退する場合があることが報告されている。壊死領域が小さく、荷重部を避けて存在する場合は無症状で経過できる可能性が高い。壊死領域が比較的大きくても、関節温存手術のよい適応となる範囲であれば、術後は良好な予後が期待できる。関節温存手術を行う際には、手術時機を逸しないことが重要である。荷重部に広範な壊 死が存在している場合には、骨頭温存手術は困難であるが、疼痛と可動域制限を伴う二次性股関節症へ進展した場合は人工物置換術を行うことによって良好な予後が得られる。




















    

予約制
日本全国どこからでも相談可能です。(ご遠方は舌の写真など必要です、下記のメールアドレスに送ってください。)

メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0362623935  




最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)



漢方薬の効果は日本一を最高の目標として追求し続けてき ました。 常に、中国5000年伝統漢方の智慧に日本中国の最新の研究成果を 取り入れ、日本に紹介します。
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの煎じ薬、民間薬をおすすめします

問い合わせ


 


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




薬局・-ページトップへ戻る当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.