QLOOKサイトマップ解析
                                                 
 

脂肪肝
       


脂肪肝に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:



  漢方薬の効果は日本一を最高の目標として追求し続けてき ました。 常に、中国5000年伝統漢方の智慧に日本中国の最新の研究成果を 取り入れ、日本に紹介します。
当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な難病の西洋医学情報はへ  




脂肪肝と漢方

脂肪肝の通常日本漢方薬





脂肪肝の概説

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪を主体とした脂肪が高度にたまった状態で、脂肪が肝臓周囲に付着するのではなく、こまかい脂肪滴が肝臓の内部に入り込んでいる状態です。
脂肪肝が肝硬変にまで進展することはまれであり、予後良好な病気ですが、肥満や血液中の脂肪高値など脂肪肝を生じるような状態があると、心臓や血管系にも悪影響を及ぼします。先進諸国では脂肪肝の原因として、アルコール依存症、肥満、糖尿病、血清中性脂肪値の上昇が多くみられます。このほか栄養失調、遺伝性の代謝障害、薬物(コルチコステロイド、テトラサイクリン、アスピリンなど)も原因となります。このような原因で肝細胞内に脂肪の蓄積が引き起こされるメカニズムは、まだ解明されていません。単に脂肪分を多く含む食事をすれば脂肪肝になるというわけではありません。1つの説明としては、これらの要因によって体内で脂質が代謝されて排出される速度が遅くなり、その結果体内に蓄積した脂肪が肝細胞内にたまると考えられています。 脂肪肝(蓄積した脂肪が肝細胞内にたまる)
脂肪肝は、特に新生児に起きた場合などで原因がはっきりしないこともありますが、肝細胞のミトコンドリアの異常が原因の可能性があります。アルコールや薬物、毒性物質とは関係がなく、肥満や糖尿病、血清中性脂肪値の上昇によって起こる脂肪肝でも、病気の基礎に炎症があると線維化が進み、肝硬変へと進行することがあります。このような脂肪肝は非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と呼ばれることがあります。



脂肪肝の原因

脂肪肝の原因としては過栄養、肥満、糖尿病およびアルコール多飲によるものがほとんどです。ほかにステロイドホルモン投与、高カロリー輸液、腸管切除後や栄養失調などが原因になることもあります。
 肝臓への中性脂肪の蓄積は、食事性の脂肪、糖質の過剰摂取、肝での脂肪酸、中性脂肪の合成亢進、肝での脂肪酸、中性脂肪の分解の障害、肝への遊離(ゆうり)脂肪酸の流入の増加、肝よりリポタンパクとしての血中への分泌障害、などの因子が関与しているといわれています。非アルコール性の脂肪肝の中に、肝実質の脂肪化に炎症、壊死(えし)、繊維化を伴う非アルコール性脂肪性肝炎の存在が報告され、肝硬変へ移行し肝細胞ガンをも併発しうる重要な病態として注目を集めています。

•肥満
•糖尿病
•化学物質や薬物(アルコール、コルチコステロイド薬、テトラサイクリン系抗生物質、バルプロ酸、 メトトレキサート、四塩化炭素、黄リンなど)
•栄養失調や低タンパク食
•妊娠
•ビタミンAの過剰摂取
•小腸バイパス手術
•嚢胞性線維症(多くは栄養失調を伴う)
•グリコーゲン、ガラクトース、チロシン、ホモシスチンなどの代謝の遺伝性異常
•中鎖アリルデヒドロゲナーゼの欠損や活性低下
•コレステロールエステラーゼの欠損や活性低下
•フィタン酸の蓄積(レフサム症)
•無ベータ‐リポタンパク血症
•ライ症候群

脂肪肝の分類

1.栄養失調性脂肪肝 1.過栄養性脂肪肝
2.栄養欠乏性脂肪肝
コリン欠乏 動物実験で肝硬変ができる
ペットボトル症候群

2.アルコール性脂肪肝
3.薬物性中毒性脂肪肝 ◦循環器用薬(30年前) リン脂質
◦ライ症候群:小児 アスピリン
◦四塩化炭素中毒

4.非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
5.急性妊娠脂肪肝

脂肪肝の症状

脂肪肝は一般に無症状です。まれに黄疸、吐き気、嘔吐、痛み、腹部の圧痛を伴うこともあります。高度だと倦怠感があります。

1.脂肪肝の自覚症状
 脂肪肝の場合、脂肪肝に特有の症状はなく、無症状のことも少なくありません。症状としては食欲不振、腹部膨満(ぼうまん)感、疲れやすさ、右上腹部痛などがみられます。脂肪肝の程度が強くなると上腹部痛、黄疸(おうだん)、悪心(むかつき)を認め、全身倦怠感も増強されます。
    2.脂肪肝の他覚症状
 脂肪肝の場合肝腫大を認めることが多く、軽度圧痛を伴うこともあります。

脂肪肝の診断

脂肪肝の場合、診察で肝臓の腫大がみられ、それ以外に症状がなければ脂肪肝と考えられます。肝機能検査を行って肝臓に炎症などの異常がないかを診断します。肝細胞内の過剰な脂肪の蓄積は炎症を伴うことがあり、炎症があれば肝硬変や非アルコール性脂肪肝炎へと進行するおそれがあります。肝臓内の脂肪の蓄積は、腹部超音波検査で検出できます。診断を確定するには肝生検を行います。これは長い中空の注射針を体の外から刺し、肝臓から小さな組織片を採取して顕微鏡で調べる検査です。
 血液検査では、トランスアミナーゼ(AST、ALT)の軽度の上昇を認めます。糖尿肥満による脂肪肝ではALT(GPT)優位、アルコール性ではAST(GOT)優位の上昇を示します。また、アルコール性の場合はγ(ガンマ)-GTPの上昇が顕著に認められます。既往歴、とくに食事歴、飲酒歴、糖尿病歴を聞くことが、診断の助けとなります。肝腫大、肝機能検査、肥満度などで本症を疑い、画像診断(超音波、CT)でほとんど診断がつきます。慢性肝炎との鑑別が困難な時や、脂肪肝の程度をみる時に肝生検を行うこともあります。ウイルス性慢性肝炎との鑑別のため、B型C型肝炎ウイルスのチェックも必要になります。

脂肪肝の西洋医学

脂肪肝の西洋医学基本的には、食事療法と運動療法ということになります。過栄養性脂肪肝は食事療法と運動療法によって体重をコントロールします。糖尿病性脂肪肝も食事療法による血糖のコントロールが基本となります。アルコール性脂肪肝はいうまでもなく禁酒です。

脂肪肝の予後

脂肪肝のカロリーの制限と運動量の増加が大切です。予後は合併症の有無により大きく変わります。非アルコール性脂肪肝炎、糖尿病、高脂血症、高血圧の合併がないかどうかを確認し、飲酒量もチェックしてみます。
脂肪肝の原因となっている病気が重大な問題となる場合があります。たとえばアルコールのような毒性物質のために肝臓が繰り返し損傷を受けると、脂肪肝から肝硬変(肝臓の重度の線維化)へと進行するおそれがあります。このため脂肪肝のでは原因となる病気を完治させるか、最小限に抑えることが目標となります。
脂肪肝のほとんどは肝臓に負担をかけることはありません。しかし血液中の中性脂肪やコレステロールが高かったり肥満だったりする人が多く、動脈硬化を進めていきます。動脈硬化による心筋梗塞や糖尿病などの死に至る病気をおこす確率は正常の人の2倍なのです。

脂肪肝にならないための生活
1.ごはん、くだもの、おやつ、ジュースを減らす ◦一食にご飯はお茶碗に軽く一杯、乾そうめんは一束。
◦塩辛いおかずはやめてうす味に。
◦菓子パンはご飯の軽く2杯と同じです。
◦果物は一日にオレンジ中1/2個が適量です。野菜の代わりにはなりません。
◦甘いものや間食の習慣をやめる。

2.油っこい料理を減らす ◦ふり肉、ばら肉、ロース肉、ベーコン
◦うなぎ、さば、さんま、ぶり、まぐろのとろ
◦マヨネーズ、マーガリン、サラダ油、生クリーム
◦天ぷら、フライ、唐揚げ、野菜炒め、ラーメン
◦クリーム煮、マヨネーズサラダ
◦油の多い中華料理
カップめん、ハンバーガー、クリームスープ
チキン、ポテトチップス、ショートケーキ

3.たんぱく質、野菜はきちんと食べる ◦魚、赤身の肉、卵、豆腐、牛乳などバランスを考えて食べましょう。
◦野菜の一日の必要量は300~400gです。野菜、海藻、きのこ類をたくさんとって、空腹感を紛らわしましょう。
◦食物繊維は便通を整え、コレステロールをひっつけて便として排泄します。

4.食べ方、選び方 ◦食事は三食きちんととり、夕食は軽めにする。
◦ゆっくりよくかんで食べる。
◦外食はエネルギーが多く、栄養のバランスも悪いです。選び方に注意しましょう。
◦揚げ物、炒め物より、「ゆでる、煮る、蒸す」料理は油を使わずに調理できます。

5.アルコールを減らす ◦禁酒節酒をはじめましょう!
◦アルコールは食欲が増すと同時にエネルギーが多く、食べたものがすぐ脂肪になってたまってしまいます。

6.適度な運動 ◦一日に消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーを少なくすれば、必ず体重は減少します。栄養のバランスを崩さないように食生活を改善しましょう。そして毎日の体重チェックも忘れずに続けて下さい。
◦運動中、汗はかくが、運動しながら会話ができる程度が理想的です。
◦姿勢を正して、歩幅を大きくリズミカルに歩きましょう。
◦一日30~60分は、時間を決めて歩きましょう
◦食事の直後は避けて、早朝か夕方に歩きましょう。
◦一日7000歩(4km:一時間)以上歩くとよいです。少なくとも5000歩(3km)は歩きましょう
◦万歩計を持っていると便利です。一日中つけていると、どれだけ歩いたかが分かります 日々の生活のなかでもなるべく歩くよう工夫しましょう。



    

予約制
日本全国どこからでも相談可能です。(ご遠方は舌の写真など必要です、下記のメールアドレスに送ってください。)

メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  




最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医,中医師の実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)



漢方薬の効果は日本一を最高の目標として追求し続けてき ました。 常に、中国5000年伝統漢方の智慧に日本中国の最新の研究成果を 取り入れ、日本に紹介します。
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの煎じ薬、民間薬をおすすめします

問い合わせ


 


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




・-ページトップへ戻る当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.