QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



   
月経前症候群(PMS)、月経前緊張症、月経前後諸症に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:


当サイトは主に漢方医学と漢方薬の情報を中心にご紹介いたします
各種病気の西洋医学詳細な情報に関しては、他の西洋医学専門サイトをご参考お願いします。



げっけいぜんきんちょうしょう(げっけいぜんしょうこうぐん)
  月経前緊張症 、月経前症候群、PMSの漢方薬       関連病気生理痛、頭痛、不定愁訴、生理不順、生理困難、                          

PMSの漢方薬症例
             










症例:  生理不順 PCOS(多卵胞症候群) PMS(生理前症候群)
      千葉市 20代   女性

2013年9月29日 (多卵胞症候群)不妊でに相談にいきました。
服用して2週間ですが、体調は改善しました。頭痛もなくなりました。生理前のPMSの症状がなくなりました。体が疲れにくく調子が良いです。次回から代引きで漢方をお願いします。










   
                         
【症状:PMS ,お問い合わせ 約一年半前から、PMSによる頭痛肩こりがあり、特に生理一週間前から頭痛が酷く、 (千葉県 30代女性)】

お問い合わせ 約一年半前から、PMSによる頭痛肩こりがあり、特に生理一週間前から頭痛が酷く、頭痛薬を用いても一回では効かず寝てもよくならず、近くの婦人を受診しました。
低用量ピルを処方され、飲み始めて半年位は頭痛が軽減されましたが、その後は頭痛が出始め頭痛薬も飲むようになりました。
飲み始めて九か月頃には、生理がほとんど止まってしまうようになり、ふと漢方薬はどうか?と思うようになり、いろいろ調べたところに林先生のホームページにたどりつきました
私はすがる思いで林先生に連絡し、早速伺い相談しました。先生は、念入りに私の話を聞いてくださり、すべき観点は子宮の冷えと体質改善だと分かりやすく話して下さいました。
早速、私に合う処方で漢方を送って頂き、飲み始めました。飲み始めて最初の生理前すぐに効果があり、生理前の頭痛や肩こりがありませんでした。
こんなに楽に過ごしたのは久しぶりでした。
半年飲み続け、症状は改善されたので、今はストレスからの疲れの改善のための漢方に変えて、林先生指導の下よりよい体質改善をしています。
林先生は、私にとって医師より信頼できる先生です。先生、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。





PMSの漢方薬症例
女性 39歳

症状:生理前後の頭痛が3年間。血圧は正常。生理前後頭痛がするけれど場所が不定。主に、両側のこめかみが半日~1日続く。生理期間は正常で、25~27日間。生理期間は4日間。量も正常で、お腹が少し痛い。婦人検査で子宮と卵巣の異常なし。脈は沈細い。

診断:PMS頭痛
漢方処方:丹参センキュウ天麻首烏細辛夏枯草赤芍ビャクシ・等。

二診、前額部分が痛い。処方を加減。八珍湯を追加。
三診、今回痛みはなし。再発防止のため、処方をしばらく継続する。


PMSの漢方薬症例(漢方雑誌にて)

女性 39歳
症状:PMS頭痛が半年間。
病歴:半年前妊娠しました。人工中絶後、出血がダラダラと1ヶ月ぐらい続く。それ以来、生理期に頭痛と眩暈。生理が終わっても1週間は痛みが続く。現在、頭痛眩暈、痛みは頭のてっぺんが多い。疲れ、不眠、食欲不振、ドライアイ、脈は細く、舌は淡い。
診断:PMS頭痛。
漢方法法:益気養血活絡止痛。
処方:トウキセンキュウ熟地白芍白朮鶏血藤升麻・等。
二診、少し痛みは軽減。
三診、痛み眩暈はなくなりました。ただし、まだ頭の不快感は少しある。
四診、再発防止のため、帰脾丸をしばらく服用を続ける。1年後追跡調査で再発ありません。





月経前緊張症PMSの概説

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)

月経(生理)が始まる3日~10日ぐらい前から決まって起こるさまざまな症状をまとめて、症状は落ち込み、イライラ、不安感、腹部膨満感、便秘、頭痛、乳房の痛み、むくみ、食欲不振(あるいは過食)など多様で、月経が始まると自然に治まったり、軽くなったりするのが特徴です。個人差はありますが、月経のある女性の多くがPMS(月経前症候群)を経験し、そのうち毎月、同じように症状が現れる人は3~8割と言われています。
月経前緊張症PMSの症状
身体的症状と精神的症状に分けられ、どの症状が出るかは個人差がある。下記に代表的な症状を挙げる。

月経前症候群代表的症状

身体的症状
下腹部膨満感
下腹痛
頭痛
乳房痛、乳房が張る
腰痛
関節痛
むくみ、体重増加、脚が重い
にきび
めまい
食欲亢進
便秘あるいは下痢
悪心、動悸
過剰な睡眠欲
不眠


精神的症状
怒りやすい、反感、闘争的
憂鬱
緊張
判断力低下、不決断
無気力
孤独感
疲れやすい
不眠
パニック
妄想症
集中力低下、気力が続かない
涙もろい
悪夢を見る
異性に対してのみ攻撃的になり暴力をふるう


上記症状は単独で出る事は少なく複合で現れる。その為月経前症候群と呼ばれる。また症状の現れ方は月によって変化する事がある。
月経前緊張症PMSの原因
PMS(月経前症候群)が起こる原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関わっていると考えられています。女性には月経周期がありますが、排卵を終えると卵胞ホルモン(エストロゲン)に変わって、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がさかんになります。そして妊娠しなかったときは、黄体ホルモンの分泌が急に減り、ふたたび卵胞ホルモンの分泌が増えてきます。 女性の体のしくみよりこのように排卵から月経までは女性ホルモンの分泌のバランスが大きく変化するため、さまざまな症状が起こってくるのではないかと考えられています。



月経前緊張症PMSの西洋医学法

完全な法は見付かっておらず、現状では対症療法を行うしかない。また個人差もあり、ある特定個人に効果があった法が別の個人に効くとは限らない。下記の療法が行われている。
低用量ピルを用いたホルモン療法
頭痛薬、鎮痛剤を用いた対症療法
向精神薬療法
食事内容(塩分脂分アルコールの過剰摂取など症状を悪化させる要素を控える)や運動(血行改善)、睡眠等の生活指導




月経前緊張症
PMSの通常日本式の漢方保険診療エキス剤錠剤の漢方

漢方の考え方には「気血水(きけつすい)」というものがあります。PMS(月経前症候群)は気血水のすべてのバランスが乱れている状態、血の異常「お血」、水の異常「水毒」、気の異常「気滞」「気逆」などが複合的に起こっていると考えられています。
「お血」とは血液循環が滞っている状態で、頭痛や肩こり、腹部膨満感などをもたらします。「月経(血)の流れによってお血が解消されることで、お血にまつわるさまざまな症状が緩和される」と言うわけです。
水毒は水分のアンバランスが起こっていることを指し、むくみやめまい、吐き気などが生じます。
一方、気の異常は、まさに精神的な症状の原因になっています。
お血 :頭痛肩こり腹痛 など,  水毒:むくみめまい吐き気 など.  気の異常:イライラ抑うつ症状不安感集中力の低下無気力 など
通常日本にPMS(月経前症候群)に有効な漢方薬:

抑肝散(よくかんさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)など
漢方薬は一剤でいくつもの症状に効くこともあるため、PMS(月経前症候群)のような多彩な症状が一度に出るような病気にはとくに向いています。





今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤、他店の煎じ薬などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの煎じ薬、民間薬をお試し下さい。



予約制

遠方の方は舌表面の写真1枚が必要です(携帯で写真を撮って下記のメールアドレスに送ってください)
メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  
 



安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです



終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します
今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座)  中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町

上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、西船橋、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市


、千葉県、埼玉、茨城、神奈川をもとに日本全国対応のがん、小児科疾患、難病、難症、心療内科疾患、、婦人科疾患、皮膚、アレルギー科疾患・の漢方薬相談専門店























Copyright(C) All Rights Reserved.