QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



     
乳がんに対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:

がん/癌の漢方薬症例


「がんの漢方特別相談」


   乳がんと漢方工事中

当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いあたしますが、より詳細な癌の西洋医学情報はほかの西洋医学情報サイドご参照お願いいたします。








乳がんについて
概説 乳腺に生じる悪性腫瘍には乳ガンと肉腫(にくしゅ)がありますが、肉腫は極めてまれです。現在乳ガンは女性の悪性腫瘍では肺ガン、大腸ガン、胃ガンとならんで最も多いものとなりました。乳がんに罹患するリスクは年齢と共に増加する。日本人女性の場合、生涯で乳がんに罹患する確率は16人に1人(欧米は8~10人に1人)である。
癌(にゅうがん、英: Breast cancer)は、乳房組織に発生する癌腫である。世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおよそ20%がこの疾患で死亡する。
極めて稀に男性も乳癌に罹患することがある。乳癌に罹患する確率は色々異なった要因で変わってくる。家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。


乳ガンのリスク原因として
お産の経験がないこと、母親や姉妹などに乳ガンの患者さんがいることなどが知られています。しかし乳ガンの発ガン原因はまだ解明されたわけではなく、妊娠出産歴がない。出産回数が少ない
乳ガンの患者さんの平均年齢はおおよそ50歳前後ですが、30歳以上、初経年齢(月経が始まった年齢)が低いの女性なら乳ガンにかかる危険があると自覚しておく必要があると思います.閉経年齢が高い、平均年齢は50歳前後ですが、最近は若い20代の患者さんもめずらしくなく、
ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。乳ガンは卵巣ホルモンと密接な関係があるといわれていますが、生理が終わっていない若い患者さんでは30%程度、閉経後の患者さんの乳ガンでは約70%が卵巣ホルモンレセプター(受容体)が陽性で、これらの乳ガンは内分泌療法(ホルモン剤による)が有効です。 
飲酒
喫煙
高脂肪の食事
20歳時の体重が低いほど、乳がんになりやすい。閉経後の女性では、成人後の体重の増加が多いほど乳がんになりやすい[5]。
シフトワークによる不規則な生活
女性化乳房(男性の場合)
喫煙については、日本人を対象とした研究では、喫煙女性の乳癌リスクは、非喫煙者に比べて1.9倍となる。

乳ガンには大きく分けて
リンパ管や血管に入り込んで転移する性質をもった浸潤(しんじゅん)ガンと、そのような性質をもたない非浸潤ガンとがあります。多くの乳ガンは浸潤ガンです。
-
症状
乳房のしこり、隆起(新たにできたもの)
乳房の陥凹(新たにできた「えくぼ」)
乳汁分泌、血性乳汁
脇の下のリンパ節を触れる 乳ガンの症状は痛みを伴わないしこり圧倒的に多く、最近では2cm以内の早期乳ガンを自覚して来院される患者さんが増えています。自己検診など、乳ガンに関する啓発が進んだ結果だと思われます。乳頭から出血するような患者さんも数%います。また下着などが汚れていて気がつかれることが多いようです。このほか、乳首や乳輪のただれを症状とする患者さんが少数います。
 残念ながら検(健)診で早期発見される患者さんの数は決して多くはなく、5%以内にすぎません。乳ガンの早期発見には患者さんの疾患に関する知識が重要であるといえます。
-
診断

壮老年女性の検診は増加しているのにも関わらず、多くの女性が乳癌に最初に気づくのは、かかりつけ開業医などが乳房のしこりを発見することである。

一般的な乳癌のスクリーニング検査としては、問診、触診、軟X線乳房撮影(マンモグラフィー)、超音波検査等が実施される。臨床的に疑いが生じると、乳房MRI検査および細胞診や生検が実施され病理学的診断により癌であるかどうか判別される。細胞診は多くの場合、超音波装置の誘導で腫瘍内に細い針を挿入し腫瘍細胞を採取する。生検にはいくつかの種類があるが、超音波ガイド下にやや太目の針を挿入して腫瘍の一部を採取する針生検が最もスタンダードである。細胞診や針生検で診断が困難な場合には、超音波またはマンモグラフィーを取る機械を用いたマンモトーム生検、MRI検査でしか描出できない多発乳がんなどの場合は、MRI検査をしながら生検を行うMRIガイド下乳腺生検が行われることもある。

乳腺レントゲン撮影(マンモグラフィ)
 乳房のレントゲン撮影を行うには、専用の撮影装置が必要です。乳房をはさんで圧迫して撮影します。乳腺撮影が有効なのは、どちらかといえば高齢で乳腺が萎縮した女性です。若い女性では厚く発達した乳腺により、小さな腫瘤を見つけることはやや難しくなります。細かいカルシウムの沈着(石灰化)の発見には他の検査よりすぐれていて、早期発見に役立つことがあります。

超音波検査
 乳腺疾患の診断装置としてはもっともよく用いられるものです

細胞診検査
 
病理組織検査
 

【やや特殊な検査】
乳管造影
 
MRI検査
 X線の代わりに強い磁力を与え、軟部組織(筋肉や脂肪、乳腺など)の詳細な診断を可能とした新しい画像診断です。

造影CT検査
 CT検査が乳ガンの診断に役立つことがあります。
標準 乳ガンのは薬物(抗ガン剤やホルモン剤)、放射線、手術を組み合わせた「集学的(しゅうがくてきちりょう)」が行われています。最も重要なのは薬物です。

西洋医学例
[手術]

手術StageⅠ~ⅢAに対して適応となる。最近では、乳房温存術と乳房切除術とでは予後に差が無いことが報告されてきており、手術は拡大手術ではなく縮小手術が行われる傾向にある。
乳房温存術(lumpectomy 腫瘤のみを摘出 乳腺腫瘤摘出術)
乳房切除術(mastectomy 乳房を切除ないし完全に切除する) 胸筋合併乳房切除術
胸筋温存乳房切除術


腫瘤の大きさによって切除範囲が選択されるため、>3cm以上の大きな腫瘤や、胸壁や皮膚へ直接浸潤しているような進行している場合には広範囲切除となる。切除断端陽性(遺残)が再発の高リスクであるため出来る限りの腫瘤摘出が望まれる。

手術の際には、リンパ節郭清として、センチネルリンパ節生検(sentinel lymph node biopsy)が行われ、リンパ節転移のある場合に腋窩リンパ節郭清が行われる。

1)乳房温存手術
 乳ガンの手術法としては最も標準的なものです。乳腺の一部と腋窩(えきか:腋の下)リンパ節を切除します。

2)非定型的乳房切断術
 かつては乳ガンの標準手術でしたが、現在ではかなり適応が少なくなりました。乳房と腋窩リンパ節を切除します。胸筋は温存します。乳腺内に広範に広がった乳ガンや、乳房に較べて大きな腫瘤がある場合は今でもこの手術が行われることがあります。乳頭乳輪を切除することが原則ですが、非浸潤ガンや乳頭へのガン浸潤が著しくない場合には、皮下乳腺全摘(乳首と乳輪を残す術式)が可能な場合もあります。このような手術の後では、乳房再建術がとても簡単になります。

[放射線照射]
 乳房温存手術では術後に乳房、リンパ節廓清をしなかった場合には腋窩に放射線照射を行います。乳房内再発や腋窩リンパ節再発は著しく低下します。
[薬物療法]
 乳ガンのは年齢、腫瘍の大きさ、ホルモンレセプターの有無、組織学的な悪性度(グレード)、リンパ節転移の有無などによってリスク判定(再発の危険の大きさ)を行い、抗ガン剤か内分泌療法を行います
術後化学療法は再発リスク評価に応じて適用され、内分泌薬抗がん剤分子標的薬の3種類を用いて行われる。また術前化学療法も行われる。また再発転移性乳癌においても化学療法が行われる。
内分泌薬乳癌はエストロゲン依存性であることが多いことから、エストロゲン受容体(ER)プロゲステロン受容体(PgR)の発現の高いものは内分泌薬が奏功する。 抗エストロゲン薬:タモキシフェン
アロマターゼ阻害薬:アナストロゾールエキセメスタンレトロゾール
LH-RH作用薬:
閉経前後で以下の通りに行われる。 1.閉経前女性:抗エストロゲン薬+LH-RH作用薬
2.閉経後女性:抗エストロゲン薬 or アロマターゼ阻害薬
抗がん剤以下の通りに行われる。基本的にER/PgR発現の低いもの(陰性)の場合に行われる。 CMF(シクロホスファミド+メソトレキセート+フルオロウラシル)
CAF(シクロホスファミド+アドリアシン+フルオロウラシル)
AC(アントラサイクリン系:ドキソルビシン+シクロホスファミド)
分子標的ヒト上皮成長因子受容体2(HER-2)陽性の場合、分子標的薬が奏功する。 トラスツズマブ:HER-2モノクローナル抗体
ラパチニブ:EGFRHER-2低分子阻害薬



予後
長期成績は診断確定時の乳癌の病期(ステージ)と癌がどのようにされたかに依存する。一般的に言って、早期発見されればされるほど予後は良い。早期であればほとんどの乳癌が手術によって根治する。男性乳癌では女性乳癌と比較して大胸筋浸潤を起こしやすく、進行癌で発見される確率が高いため、5年生存率40~50%と予後は不良であると考えられてきた。しかしながら、近年の例によると女性患者と比べても全生存率、無病生存率ともに変わらないことが指摘されている[1]。また、外科的手術を行った場合、主に審美的な観点、および、患者の精神的なケアの観点から、乳房再建術が行われることがある。
 乳ガンの予後は進行度によって異なります。早期乳ガンであれば、10年生存率は90%近くに達します、進行乳ガンでは50%程度になり、乳ガン全体の10年生存率はおおよそ70%といったです
乳ガンの再発部位としては骨が最も多く、肺、頸部リンパ節、肝臓などへの転移再発がそれに次ぎます
再発部位によって法は異なります

検診
30歳代から高齢の女性ほど罹患率が高い為、今日では多くの国で検診を受けることが推奨されている。検診には胸部自己診断法 (breast self-examination) とマンモグラフィー (mammography) も含まれる。いくつかの国では、壮老年女性の全員の毎年のマンモグラフィー検診が実施され、早期乳癌の発見に効果を挙げている。 ただし、検診にもデメリットは存在する。乳癌患者発見の背後には、その10倍以上の乳癌でない被験者が精密検査へと回り、生検(乳房に針をさす)を受けていることも事実である。こういったことから、2009年にはアメリカの予防医学作業部会が40代の定期的なマンモグラフィ検診は推奨しないと発表し、大きな議論となった。

マンモグラフィーは早期乳癌を発見する為の選択肢のひとつであり、これひとつですべての年齢、すべての乳癌の、早期発見がカバーできるものではない。欧米では生涯乳癌リスクが20%以上の女性に対して造影剤を用いたMRIによるスクリーニングが推奨されている。日本では現在、40代における超音波検査の併用検診の効果について大規模な臨床研究が行われている。CTはX線被曝や費用の問題もあり、検診に用いられることは希である。

20歳代での検査は、マンモグラフィ(描出率43%)よりも乳房超音波検査(描出率86%)が診断に有用である可能性が示唆された。

生活上の注意
 乳ガンの発病の原因がわかっていないので、自己検診による早期発見がのキーポイントになります。乳ガンは手術の他にも放射線や薬物療法が長期間続くので、副作用などがでていないかよくチェックしてもらって下さい。乳ガンは術後10年再発しなければ、治癒したと考えられます。息の長い通院になる関係を確立しておくこ



中医学ではその病名だけではなく、症状や体格体質など(「証」と言います)をみて処方を決めます。
「証」に応じた処方を行うことにより、さらに様々な自覚症状が改善されていきます。

最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターでは、多く 11当中国医学センターの中国医学では 1、多く 1
中国医学漢方薬では、表面に出でる症状を押さいるだけではない、その病気のもとの体質、もとの原因、また再発しないように時間掛で根本的を行う。
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします

    


予約制
メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  







安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです



お問い合わせ



薬局・-ページトップへ戻る
当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.