QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       

 

 
網膜静脈閉塞に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例

関連病気:



   網膜静脈閉塞とに対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例

※効果効能は個人差ありますので、全ての方は改善保証するものではありません。
※ この体験談は個人の感想であり、 製品の効能、効果を 説明するものではありません

治療網膜静脈閉患者47名の臨床報告事例
使用した漢方薬:加味桃紅四物湯(地黄、川芎、当帰、赤芍、桃仁・等)
期間:漢方煎じ薬一日に2回服用。1クール12日間、2クール24日間
効果:13個の目に著しい効果あり。29個の目に有効。5個の目は無効。全体的な有効率は89.4%




網膜静脈閉塞の概説

網膜静脈閉塞とは、網膜静脈の閉塞で急激な視力低下を特徴とする病気です。
網膜の静脈が詰まると、その部分から末梢にかけての静脈が拡張して曲がりくねり、眼底出血や浮腫(むくみ)を引き起こします。
網膜全体に分布する血管の一つが網膜静脈で、いろいろな原因により網膜静脈が途絶えると網膜静脈閉塞症という疾患になります。また、網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、静脈の末梢が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となります。
多くの場合、高血圧や動脈硬化などが原因で起こります。発症のピークは60~70歳代ですが、40~50歳代と比較的若い年代にも見られます。
網膜静脈閉塞の症状は、中心静脈閉塞症と分枝静脈閉塞症では違いますし、同じ分枝静脈閉塞症といっても詰まる部位によってずいぶん違います。まったく自覚症状がないこともめずらしくありません。出血や浮腫(ふしゅ)が網膜の中心に及んだ場合、視力が低下してきますが、症状の現れ方はゆっくりです。

1.変視症:物がゆがんで見えたり曲がって見えることがあります。

2.急激な視力低下:出血やむくみ(浮腫)が視力に最もかかわる網膜の黄斑に及ぶと視力が低下しますが、特徴的なのは突然生じるということで、*月*日に見えなくなったと発症時期がはっきりしていることが少なくありません。

3.視野障害:黄斑が侵されていない場合は、病変部位によって症状が異なります(例、上あるいは下が見えなくなった)
網膜静脈閉塞の原因:
動脈閉塞症と同様、年齢が高いほど起こりやすいので、加齢が大きな要因と考えられています。やはり糖尿病、高血圧症、動脈硬化症の人では起こる率が高くなります。  分枝静脈閉塞症は、交差部で静脈が動脈に圧迫されて血の流れが悪くなることが、血栓形成の一因と考えられています。

1.高血圧:本疾患の最も多い原因です。

2.動脈硬化:高血圧は動脈硬化の原因の一つですが、高血圧症がなくても動脈硬化が高度な場合は本疾患の原因となります。

網膜静脈閉塞の分類

1.中心静脈閉塞症:高血圧や動脈硬化などが原因で、一番太い静脈の本幹が閉塞するものです。 ただし、高血圧や動脈硬化がなくても、視神経の炎症などで血管の閉塞が起こ ると、中心静脈閉塞症と同じ症状が現れることがあります。 網膜の出血も軽度で毛細血管の閉塞のないものを「非虚血性」の中心静脈閉塞症といいます。若い人にも見られます。  一方、出血が多く、高血圧や動脈硬化が原因で起こる中心静脈閉塞症は「虚血性」といいます。頻度としては、虚血性の方が圧倒的に高いといえます。  出血やむくみが、網膜の中心部の黄斑部に及ぶと、視力が低下します。放置しておくと、出血性緑内障を合併することもあります。

2.分枝静脈閉塞症:静脈は、視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれします。この4本の太い静脈は、それぞれ「上耳側静脈、下耳側静脈、上鼻側静脈、下鼻側静脈」と呼ばれています。このいずれかに閉塞が起こるのが「分枝静脈閉塞症」です。  分枝静脈閉塞症は、糖尿病とならんで、眼底出血を起こす代表的な病気です。数も中心静脈閉塞症の約10倍と、圧倒的に分枝静脈閉塞症の方が多く見られます。  原因は、動脈硬化です。動脈と静脈は、網膜のあちこちで交差しており、交差部分に動脈硬化が起こると、静脈が圧迫されて血流が悪くなります。それによって、その先 の毛細血管の内圧が上がり、出血や浮腫を引き起こします。  最も閉塞が起こりやすいのは、黄斑部の中心窩の上を走っている上耳側静脈です。ここに閉塞が起こると、黄斑部に出血や浮腫がかかりやすく、視力障害が起こってきます。また、分枝静脈閉塞症では、硝子体出血を起こすこともあります。

網膜静脈閉塞の検査診断

網膜静脈閉塞の検査は、病変の範囲、部位、血管閉塞の程度を知るために眼底検査の他に蛍光眼底造影検査を行うことがあります。最近では、黄斑のむくみを観察するために光干渉断層計による検査を行うことがあります。
網膜静脈閉塞の診断は、眼底検査によって容易に診断できます。静脈が怒張(どちょう)(ふくれる)し、ハケで掃いたような特徴的な網膜の出血がみられます。これは網膜神経線維(もうまくしんけいせんい)の走行に沿って出血するためです。分枝静脈閉塞症では、詰まった部位を要にして、扇状に出血が広がります。中心静脈閉塞症では視神経乳頭を中心にして放射状に出血します。
網膜静脈閉塞の合併症

1.緑内障:網膜中心静脈閉塞症ですることがあります。

2.硝子体出血:眼球腔内に出血した状態で、著しく視力が低下します。





中医学ではその病名だけではなく、症状や体格体質など(「証」と言います)をみて処方を決めます。
「証」に応じた処方を行うことにより、さらに様々な自覚症状が改善されていきます。

今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします


効果効能は個人差ありますので、全ての方は改善保証するものではありません。
※ 症例は個人の感想であり、 製品の効能、効果を 説明するものではありません。

本格の漢方医学を受けた漢方薬を服用の方から喜びの声が続出・・


症例:網膜中心静脈閉塞症   千葉県 62歳  男性    2018年10月9日
2018年10月9日
漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>





症例:網膜中心静脈閉塞症   東京都 62歳  男性    2018年7月11日
 
2018年7月11日
漢方薬を7服用しの漢方薬の効果を実感
<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

2018年6月9日
漢方薬を6服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>



2018年5月2日

漢方薬を5服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>



2018年4月10日

漢方薬を4服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>



2018年2月8日
漢方薬を2服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>


漢方治療開始前まで経過:
2017年2月頃から中央に黒っぽい物が見えて眼科に行った。


症例:網膜中心静脈閉塞症   東京都 62歳  男性    2018年3月31日
2018年3月31日
漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>




今月は眼内出血は出ていません。このままいく事を願っています。
なんとなくよくなっているのかなと感じています。

漢方治療開始前まで経過:
2年前に発症し、12/11手術し、12/27出血しました。



症例:網膜中心静脈閉塞症   千葉県 64歳  女性    2017年9月5日
2018年2月8日
漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

目の状態は良好で、始めの黒く曇っていたところが薄くなった気がする。飛蚊症は未だになおらない。でも手術はしなくても良くなった。体も温かくなった気がする。

2017年9月5日

漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

漢方薬を飲んで、雲がかかっていたのがすっきり見えるようになった。

漢方治療開始前まで経過:
今年の2月ごろから中央に黒っぽいものが見え、眼科に行った。


症例:網膜中心静脈閉塞症   千葉県 64歳  女性    2017年10月23日
2017年10月23日
漢方薬を4か月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からのメールです>


漢方治療開始前まで経過:
今年の3月初めごろみにくさを感じて3月18日に地元の眼科を受信しました。左眼が眼底出血しているから総合病院の眼科に紹介状を書いていただけました。受診したところ網膜中心静脈閉鎖症と診断されました・・・


症例:網膜中心静脈閉塞症   静岡県 65歳  女性    2017年8月27日
2017年8月27日
漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

目の充血はなくなった、心臓の動きも以前より少なくなった。



症例:網膜中心静脈閉塞症   関東地方 45歳  女性    2016年5月6日

2016年5月6日
漢方薬を1ヶ月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>


目に炎症を起こし眼圧が上がってしまい先生の所に行きました。診ていただき、目だけではなく体全体から治していかなくてはとご指導いただき、漢方を出して頂きました。飲み始めてから便通がとてもよくなりました。運動をしたほうがいいと生活面でも助言いただき、運動を毎日取り入れ、今は炎症も治り眼科で薬もなくなり眼圧もまだ高めですが、正常範囲内となり、定期健診のみになりました。自分に合った調合をしていただけるのでとてもピッタリの制約を飲むことが出来て体に負担がないのもいいです。きちんと日本のメーカーのものを使い残留の農薬もチェックしているものを使ってくれているところも安心です。一ヶ月以上たった現在は疲れにくい体に変化しているのも実感してます。半年後どんな感じて変化がまた実感できるのか楽しみです。ありがとうございました。


症例:網膜中心静脈閉塞症 右眼  関東地方 50歳  男性    2017年5月9日


2017年5月9日
漢方薬を服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

雲は少しずつ薄くなってきた。
2015年9月22日
漢方薬を1ヶ月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>


右眼の網膜中心静脈閉塞症は見え方とても良くなりまして。
検査では少し黄斑部の出血が引いてきているようです。
真中のある1.2見える穴が少し広がりました・出血の雲は少しだけ薄くなってます。
方向的には間違ってないと思っているので、右眼の視力が完全に回復する可能性を信じています・


2015年12月22日
漢方薬を4ヶ月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

網膜中心静脈閉塞症は発病していないで、見え方も徐々良くなっている。
排尿は夜中に一回程度になってきました。
血液検査異常なし。

2016年1月12日
漢方薬を5ヶ月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からの声です>

症状は少しずつよくなってきます。今日も眼科健診があり、眼底はキレイでした。
いままでこんなに改善できる人はいないと眼科の先生に言われました。


2016年5月13日
漢方薬を9ヶ月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は漢方薬を服用の方からのメールです>

いつもお世話になっております。
以前からお世話になっている右眼の網膜中心静脈閉塞症ですが、4月の検診では造影剤も投与して問題なく視力も回復してますので、ほぼ完治に近く次の検診は7月ということになってましたお陰様で右眼の中心部にかかっている雲のようなものはかなり薄くなっておりまして、小さい文字はまだ見えづらいですが、大きい文字は読めますので、徐々にではありますが回復しておりますので、閉塞と出血を起こさなければ本当に完治するのではないかと思っておりますここまで回復した人は見たことがないと言われてますのでとにかく再発は避けたいのでご尽力宜しくお願いいたします。明日予約してますのでお伺いしますが薬を持ち帰りたいので準備お願いします。

漢方治療開始前まで経過:
6/12 1回目発症し治る
7/18 2回目発症して、右眼の中心を横長い雲がかかってる状態・

予約制

  • 1.漢方相談は来店いただくのが一番望ましいですがご遠方やご都合の悪い場合でも
  • 2.メールTelにてご相談できます
遠方の方は舌表面の写真1枚が必要です(携帯で写真を撮って下記のメールアドレスに送ってください)
メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095     09018601469  





※道に迷った時は遠慮なく薬局に連絡下さい


病気、年配などで徒歩が難しい方、また道迷った方は、上野駅からタクシーで来ていただいて、タクシー代はこちらから負担させていただきます。


営業時間 10:00~12:00
13:00~17:00
連絡先 予約はこちらをクリックして、フォームにてお問い合わせ下さいませ。
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
TEL/FAX:0358174095

サイトマップ 来局時に下記のものを持参してください

台東区東上野2-13-11 増田ビル 3階
  1. 地下鉄日比谷線「上野駅」、銀座線 徒歩5分
  2. JR各線「上野駅」中央改札 広小路口 徒歩6分
  3. 都営大江戸線つくばエクスプレス「新御徒町駅」 徒歩7分





拡大写真




路線:
上野駅から出て、マルイの前を通り、高速道路に沿って右に曲がり、一つ目の信号で(ファミリーマート)高速道路の向こう側にサンクスが見えます。
「サンクス」の横の道を真っすぐ進むと、
関東信用組合連合健康保険組合」の看板が見えます。その隣のビルの3階が当薬局です。(詳細は拡大写真を確認してください。)


【関東信用組合連合健康保険組合】正面玄関隣のビルです。





ビルの外観







安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです



薬局・-ページトップへ戻る



















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.