QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



   
不安障害(不安神経症)に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例
関連病気:
不安障害不安神経症不安症特定の恐怖症パニック障害社交不安障害(対人恐怖症)全般性不安障害強迫性障害広場恐怖症・と漢方薬


当サイトは主に漢方医学と漢方薬の情報を中心にご紹介いたします
各種病気の西洋医学詳細な情報に関しては、他の西洋医学専門サイトをご参考お願いします。



                   不安障害(不安神経症)と漢方薬

       

 



不安障害に対する漢方医学漢方薬の効果と経験症例


※効果効能は個人差ありますので、全ての方は改善保証するものではありません。
※ 症例は個人の感想であり、 製品の効能、効果を 説明するものではありません。

本格の漢方医学を受けた患者さんから喜びの声が続出・・


症例:精神不安         関東地方   50代   S様  2016年6月25日

2016年6月25日
漢方薬を1か月服用し
の漢方薬の効果を実感

<以下は患者さんからの声です>

一番気になっていた精神の不安や、うつのような症状が柔らかい出来たし、頭の中が詰まって、思考回路が繋がらない状態もだいぶ楽になった。本当に感謝してます。






不安障害概説

不安は誰でも不安はありますが、その不安が強すぎて日常生活を過ごしにくい時、不安障害とよびます。
 不安障害には、強い不安や動悸などを突然感じてパニック発作が起こるパニック障害、何かたいへんなことが起こるのではないかと不安で外出ができなくなる広場恐怖、かつてはそれぞれ対人恐怖症不安神経症とよばれた社交(社会)不安障害全般性不安障害、高い場所や動物など特定のものを極端に恐れる特定の恐怖症、強い思い込みとこだわりが特徴の強迫性障害などがあります。複数をあわせもつこともあります。
 さらに、気分障害、てんかん、摂食障害など、ほかのこころの病気もあわせもったり、不安障害のようにみえても認知症や統合失調症のこともありますので、精神を受診して、早めに診断を受けることが重要です。

不安障害(恐怖症)の原因

不安障害(恐怖症)の原因は不明だが,通常,恐怖症は、声の過度の使用または職業上もしくは感情的なストレスを一定期間受けた後に出現します。

不安障害の分類


① パニック障害・からだに原因はないのに、突然、動悸やめまい、息切れ、震え、吐き気などの発作が起こる
② 特定の恐怖症・特定の対象、状況に対する恐怖。
③ 社交不安障害(対人恐怖症)・知らない人たちの前で注視されるかもしれないという状況に対する                       恐怖。
④ 全般性不安障害・不安と心配の対象が特定のものに限定されない。慢性の不安状態であり、いろいろなことについての過剰な不安と心配(予期憂慮)が続く、心配はコントロールできず、何か1つのことが気になりだすと、その不安がさらに新たな心配を生みだす。精神的な緊張感、神経過敏に加えて、易疲労性、肩こりなどの筋緊張や入眠困難などの身体症状を伴う。

 強迫性障害・強迫行為と強迫観念。
⑥ 広場恐怖:広場恐怖は、不安パニックに襲われたとき、すぐには逃げられないような状況や場所に閉じこめられることに不安を抱き、避けようとすることを特徴とします。

不安障害の症状


1.特定の恐怖症
恐怖感を抱く対象によって、ほとんど不都合がないものもあれば、日常生活に重大な支障を来すものもあります。たとえば都市部に住む人の場合、ヘビ恐怖症があったとしてもヘビを避けるのはたやすいことですが、エレベーターのような狭い閉鎖空間が怖い場合には、高層ビルの上層階では働けないといった不都合が生じます。大きな動物、暗闇、見知らぬ人に対する恐れなど、特定の恐怖症の中には幼いころに始まるものがあります。その多くは成長とともになくなります。ネズミなどのげっ歯動物や虫、嵐、水、高所、飛行機、閉所などの恐怖症は概して、成長してから発症します。少なくとも5%の人が、血液、注射、けがに対してある程度の恐れを抱いています。こうした人は心拍数の減少や血圧の低下から実際に失神を起こすことがありますが、この現象は他の恐怖症や不安障害では起こりません。他の恐怖症や不安障害の場合は逆に過換気が生じることで、失神しそうな感覚が生じますが、実際に気を失うことはほとんどありません。特定の恐怖症にはさまざまなタイプがあり、1つのグループとしてみると不安障害の中で最も一般的なものですが、他の不安障害ほどに手を焼くことはありません。特定の恐怖症は12カ月間で、女性の約13%、男性の約4%に生じます。
2.広場恐怖
広場恐怖は「人の多い場所を恐れる」という意味でつけられた病名で、具体的には、不安が激しくなったときに容易に逃げ出すことができないような、人が多くにぎやかな場所に閉じこめられることに恐怖感を抱く状態をいいます。広場恐怖の人が恐れる典型的な状況には、銀行の窓口やスーパーマーケットのレジで待っている人の列に並ぶ、劇場や教室の真ん中の席に座る、バスや飛行機に乗るといったものがあります。こういった状況でパニック発作を起こした後に、広場恐怖になる人もいます。こういった状況に居心地の悪さを感じるだけで、一度もパニック発作を起こさない人もいれば、後になってからパニック発作を起こす人もいます。広場恐怖はしばしば日常生活に支障をもたらし、自宅に引きこもる人もいます。任意の12カ月の間に女性の約4%、男性の約2%が広場恐怖と診断されます。ほとんどは20代初期に発症します。40歳を過ぎてからの発症はまれです。
3.社交(社会)恐怖
全般的なタイプの社会恐怖では、さまざまな社会的状況で不安が生じることが特徴です。いずれのタイプも不安の根源には、期待に沿えないと恥をかく、みっともないといった思いこみがあります。社会恐怖の中には、人前に出ることを伴う特定の状況に関連して起こるタイプもあります。こうしたタイプでは大勢の人の前で何かをするときにのみ不安が生じ、同じことを自分1人で行っても不安になることはありません。社会恐怖の人が共通して不安を感じる状況としては、人前で話をする、楽器の演奏や教会での聖書の朗読など大勢の人の前で何かをする、人と食事をする、証人の面前で署名する、公衆トイレを使用するといったものがあります。 社会恐怖の人は、自分の行為や言動がほかの人の目に不適切に映るのではないかと心配します。また、不安を抱いていることが他者にあからさまにわかってしまうのではと心配し、汗をかいたり、赤面したり、吐いたり、体や声がふるえたり、途中で何を話していたかわからなくなったり、自分をうまく表現する言葉が見つけられなかったりするのではないかと思い悩みます。 社会恐怖の人はきわめて激しい不安を感じるため、社会と接することを避けたり、多大な苦痛を感じながらこの不安に耐えています。約13%の人が人生のいずれかの時点で社会恐怖になるといわれています。この障害は任意の12カ月の間に女性の約9%、男性の約7%に生じます。社会恐怖の中で最も重症度が高い回避性人格障害になる割合は、男性の方が女性よりも高いことが示されています。生まれつき内気で、幼少のころから憶病な性格だった人が、成長して社会恐怖になることもあります。思春期のころになって初めて、社会的状況に不安を感じる人もいます。

不安障害の検査と診断

恐怖症の診断は症状を観察して診断をつけます。

不安障害の西洋医学

恐怖症の西洋医学としては、薬物療法、精神療法が一般的です。

不安障害の生活注意点

恐怖症は精神緊張やストレスにより悪化することが多いです。 日常生活では横臥安静で十分な休養をとる事、心理負担を極力軽減することが重要です。




「パニック障害不安障害」とは


原因不明の死にそうな苦しさ
他人にはわかりにくい不安で悩んでいるなら
突然胸が苦しくなり、鼓動はまさに「早鐘を打つ」状態。冷や汗で背中はぐっしょり。

「死んでしまうかも…」そんな不安に襲われながら救急車で病院に運び込まれるけれども、どこを調べても体には異常はなく、そのうちに、あれほど苦しかった症状が溶けるように消えている。そんな発作を何度も繰り返し不安はつのるばかりなのに、誰もわかってくれない。このページに来た方は、そんな思いを経験してきたのではないでしょうか。

パニックは死の危険から生き延びるために準備されている反応です
火事や地震など、突発的な生命の危機に直面した時、多くの人はパニック状態に陥ります。鼓動が早くなり、血の気がひいて冷静に物事が考えられなくなって、大声で叫びだしたいような気分に襲われます。胃の中のものを吐いてしまうこともあります。じっとしていられなくなり、やみくもに走りだすこともあります。こうした反応はいずれも、敵や災害から逃げるために有利なもので、体に備わった生き延びるためのプログラムです。
ところが人によって、なんでもない時にパニック状態のような反応が起きることがあります。命の危険がないのに、まるで命が脅かされているような不安や恐怖を感じ、体にもパニック状態でみられるような症状が起きるのです。これをパニック発作といいます。

どんなに検査しても異常は見つからないとしたら
何もきっかけがない時にこうした症状が起きると、人は皆、心臓や胃や気管支などの病気を考えます。実際、パニック発作は心筋梗塞などの症状によく似ています。そのためはじめは、循環器や呼吸器や消化器を受診することになります。死にそうに思える症状に直面するため、多くは救急車で病院に運ばれます。もちろん、こうした症状を訴える人の多くは本当に心臓や胃などに異常がある人です。ところが、どんなに検査しても内科的な異常がまったく見つからない人も少なくないのです。そういう人は、もしかしたらパニック障害かもしれません。

パニック発作で死ぬことはありません
他に悪いところがないといわれても、生命の危機に直面したような発作が何度も起きれば、「この発作のせいで死んでしまうかもしれない」と心配になってしまうものです。でも、パニック障害の発作で死ぬことはありません。

狼少年ではないのに
パニック障害では基本的にパニック発作を何度も繰り返します。はじめは心配していた家族や友人や職場の人たちも、どこにも異常がないとわかるとだんだん「またか」「気のせいなのに大騒ぎをする」といった顔をするようになります。まるで狼少年の話のようです。本当はとても痛くて苦しくて不安なのに、誰からも理解されないことは、つらいことです。

100人に1人?
パニック障害は決して珍しい病気ではありません。一生の間にパニック障害になる人は100人に1~2人といわれます。例えれば、新幹線普通車の1車両に少なくとも1人か2人はパニック障害を経験するかもしれないということになります。最近では、もっと多くの人がパニック障害になるという報告もあります。
また、男性よりも女性に発症しやすいということもいわれています。




パニック障害不安障害のサイン症状

パニック発作予期不安広場恐怖はありますか
パニック障害は、パニック発作から始まります。はじめはパニック発作だけですが、発作をくりかえすうちに、発作のない時に予期不安や広場恐怖といった症状が現れるようになります。また、うつ症状をともなうこともあります。

パニック発作
予期されないパニック発作を繰り返していますか
繰り返される「予期しないパニック発作」は、パニック障害の特徴的な症状です。「予期しない発作」とは、状況などに関係なく起きる発作のことをいいます。したがって、寝ている時に発作が起きることもあります。
パニック発作はパニック障害でなくてもみられます。たとえば閉所恐怖症の人が狭い場所に閉じこめられたりした時にはパニック発作を起こすことがあります。ただしこれは特定の状況に直面した時に起きる反応で、パニック障害でみられる「予期しない発作」ではありません。
予期不安
「また発作が起きるのではないか」という不安をいつも感じていますか
パニック発作をくりかえすうちに、発作のない時も次の発作を恐れるようになります。「また起きるのではないか」「次はもっと激しい発作ではないか」「今度こそ死んでしまうのでは」「次に発作が起きたら気がおかしくなってしまう」といった不安が消えなくなります。これが「予期不安」で、パニック障害に多くみられる症状です。
このほかにも、いつ発作が起こるかという不安のあまり、仕事を辞めるなどの行動の変化が起きるようになるのもパニック障害の症状のひとつです。
広場恐怖
そこに行くと発作が起きそうな気がする、苦手な場所はありますか
発作が起きた時、そこから逃れられないのではないか、助けが得られないのではないか、恥をかくのではないか、と思える苦手な場所ができて、その場所や状況を避けるようになります。これを「広場恐怖」といいます。苦手な場所は広場とは限りません。一人での外出、電車に乗る、美容院にいくなど、人によって恐怖を感じる場所は様々です。広場恐怖以外に、外出恐怖、空間恐怖ということもあります。
広場恐怖が強くなると仕事や日常生活ができなくなり、また引きこもりがちになるので友達との人間関係にも影響が出てきます。一人で外出できなくなるので、人に頼っている自分自身を情けなく思う気持ちも強まっていきます。広場恐怖をともなわないパニック障害もありますが、多くの場合広場恐怖がみられます。




パニック障害の法

パニック障害のには

薬による
精神療法的アプローチ
があります。

薬による
の目的
薬物によるの目的には、「パニック発作を起きなくさせる」ことが第一目標で、次いで「予期不安や広場恐怖もできるだけ軽減させる」も目標になります。

よく使われる薬
一般に、最初に使われる薬はSSRIをはじめとする抗うつ薬と抗不安薬の一種であるベンゾジアゼピン系薬剤です。

量と回数
これらの薬の効果は人によって違うため、効果を確認しながら増減したり薬を変更したりする必要があります。正しく効果を確認するためには、医師が定めたとおりの量と回数を守って服用してください。
パニック障害は薬物療法が効果を発揮しやすい障害です。「薬に頼らず気持ちだけで治す」というのは得策ではありません。

不安や疑問は医師に相談
薬を服用することや全般に不安や疑問がある場合は、遠慮せずに医師に相談して解決するようにしましょう。

精神療法的アプローチ
パニック障害では、薬物に加えて精神療法の併用が重要です。とくに、認知行動療法という法は、薬によると同じくらいパニック障害に効果があることが認められています。

薬が効き始めて発作が起こらなくなってきたら、苦手だった外出などに少しずつ挑戦することもの一環になります。
ただ、無理は禁物なので医師やカウンセラーと相談しながら、一歩一歩ゆっくりと前進していくつもりでとりかかってください。


参考:厚生省より







今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤、他店の煎じ薬などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの煎じ薬、民間薬をお試し下さい。






問い合わせ

予約制

遠方の方は舌表面の写真1枚が必要です(携帯で写真を撮って下記のメールアドレスに送ってください)
メール:お問い合わせ
メールアドレス:hongkongryuhou@gmail.com
電話:0358174095  
 


 


安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです



終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します
今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座)  中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町

上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、西船橋、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市
兵庫県(神戸):
相生市(あいおい) 明石市 赤穂市 芦屋市(あしや) 尼崎市(あまがさき) 伊丹市(いたみ) 加古川市(かこがわ) 川西市 神戸市 篠山市 (ささやま) 高砂市 宝塚市 龍野市(たつの) 西宮市(にしのみや) 姫路市

、千葉県、埼玉県、茨城県、神奈川県をもとに日本全国対応のがん、小児科疾患、難病、難症、心療内科疾患、、婦人科疾患、皮膚、アレルギー科疾患・難治性疾患の漢方薬相談専門店























Copyright(C) All Rights Reserved.