QLOOKサイトマップ解析
                                                 
        
         
       



       
子宮頚がんと漢方薬
関連病気:

がん/癌の漢方薬症例


「がんの漢方特別相談」


当サイドは漢方薬の情報を中心に提供いたしますが、より詳細な癌の西洋医学情報は他の西洋医学専門サイトをご参照お願いします。



子宮頚がんについて
子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。性行為感染症である尖圭コンジローマと同様、ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によって発症する為、性行為感染症に分類される。症状は初期の子宮頸癌はほとんど自覚症状がない。癌が進行すると不正出血が見られる場合もある。
子宮頸部扁平上皮癌はヒトパピローマウイルス (HPV) というウイルス感染が原因で引き起こされる。HPVには100以上もの種類があり、皮膚感染型と粘膜感染型の2種類に大別される。子宮頸癌は粘膜感染型HPVの中でも高リスク型HPVと呼ばれている性交渉によって感染する一部のHPVが長期間感染することによって引き起こされる。 ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) によって引き起こされる他の疾患としては、尖圭コンジローマ、疣贅があるが、癌がウイルスなど、

HPVは性交渉により感染するウイルスであり、性交経験のある女性は、感染の可能性がある。HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってHPVが体内から排除される。HPV感染の大半は2年以内に自然消失するが、約10%の人では感染が長期化(持続感染化)する。HPVが持続感染化するとその一部で子宮頸部の細胞に異常(異形成)を生じ、さらに平均で10年以上の歳月の後、ごく一部(感染者の1%以下)が異形成から子宮頸癌に進行する。

分類

以下はFIGO分類である。
0期 浸潤が認められない上皮内癌 (Carcinoma in situ)。I期 癌が子宮頸部に限局。 Ia期 組織学的に微小浸潤癌が確認されたもの。Ib期 Ia期以外のI期癌。II期 癌が子宮頸部を超えて広がるが骨盤壁または腟壁下1/3に達しないもの。 IIa期 腟壁に浸潤するが子宮傍組織へは浸潤しないもの。IIb期 子宮傍組織に浸潤したもの。III期 骨盤壁に浸潤したか腟壁下1/3に達したもの。 IIIa期 腟壁下1/3に達するが骨盤壁へは浸潤しないもの。IIIb期 骨盤壁に浸潤したもの。IV期 癌が骨盤腔を超えて広がるか、膀胱、直腸の結膜に浸潤したもの。 IVa期 膀胱、直腸の粘膜への浸潤があるもの。IVb期 小骨盤腔を超えて広がるもの。Ch Ia期までの症例で子宮摘出を行ったところ、癌が子宮を超えて広がっていたことが判明したもの。


検診
子宮頸癌の最大の特徴は、原因がはっきりしている為、予防可能な癌であるという点である。これは異形成(子宮頸癌になる前の病変)が発見可能なためであり、定期的な子宮頸癌検診により、異形成の段階で発見することにより癌の発症を未然に防ぐことができる。
日本国内で実施されている子宮頸癌検診の検査法は細胞診とHPV検査である。
細胞診
細胞診は子宮頸癌を疑うような異常細胞がないか判定する検査。子宮頸部から採取した細胞を色素で染色し、異常細胞がないか顕微鏡で観察する検査法。検査結果は日母分類と呼ばれるクラス分類に従って、以下のいずれかに判定される。
クラス I:正常である。
クラス II:異常細胞を認めるが良性である。
クラス IIIa:軽度~中等度異形成を想定する。
クラス IIIb:高度異形成を想定する。
クラス IV:上皮内がんを想定する。
クラス V:浸潤がん(微小浸潤がん)を想定する。

検診の結果、細胞診クラスIIIa以上であったり、HPVに持続感染しているなど、精密検査の必要性があると判断された場合は精密検査を実施し、最終的な診断を行う。

精密検査では、コルポスコープと呼ばれる拡大鏡を用いて子宮頸部粘膜表面を拡大し、観察するコルポ診と呼ばれる検査を行う。その際3 - 5%の酢酸を子宮頸部に接触させそれによる変化をも所見とする。コルポ診で異常を疑う箇所がみられた場合、その部分の組織を採取し、組織診と呼ばれる病理学的検査を行い、確定診断を行う。



定期検診及びワクチンによる予防
HPVは性交渉により感染するので、他の癌と比べ発症する年代が若い世代にも及び、20代で発症するケースもある。よって20代からの定期検診は有効である。 HPVに感染してから異形成(前癌病変)を経て、子宮頸癌を発症するまで、平均十数年以上の長期間を要するが、異形成は子宮頸癌は細胞診とHPV検査の併用による検診でほぼ確実に発見することが可能である。異形成は外科的でほぼ完治する。このため、子宮頸癌は定期的な検診受診で予防が可能といわれている。
ヒトパピローマウイルスワクチン

HPV 6111618型に対する4価のワクチンと、1618型に対する2価のワクチンが2006年に米国をはじめ諸外国で承認された。2007年現在、9歳以上が適応で、3回の接種で完了するワクチンである。ワクチンであるのでHPV既感染者には無効である。ワクチンの有効期間は20年以上と予測されている。対象年齢外、男性への効果安全性は現在米国で研究中である。

4価ワクチンは HPV 6111618型の四抗原が責任となる病変の予防に関しておよそ欧米では90%以上の有効率があるとメーカーは発表。初性交の前に接種するのが推奨されている。諸外国では小学生のうちに接種する国がほとんどである。頚癌におけるHPV16型と18型の割合は日本では50-70%とされ、欧米の約70%よりも低いことから、2価ワクチンCervarixの効果も欧米よりやや低くなる可能性が指摘されている。しかし、日本でも若年においてはHPV16型と18型の割合が欧米同様高いことが報告されている。 また、ワクチンの接種は定期的な子宮癌検診を代用するものではなく、全ての子宮頸癌を予防できるものでもない。接種後も定期健診は重要である。

日本国内では2009年10月にワクチン認可がされた。予防のためには3回の接種を行う。接種費用は合計4万~5万円である。日本では一部の自治体が公費負担による接種を行っている。同ワクチンの副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度と言われ、杉並区の女子中学生が歩行障害などの重い症状を訴えるなど、ワクチン接種による重い副作用も報告されている。




子宮頸癌の法

子宮頸癌の進行期は軽度のものから順に0期、IA1期、IA2期、IB1期、IB2期、II期、III期、IV期に分類される。

0期(上皮内癌)は癌が粘膜層にとどまっている段階であり、異形成と同様に円錐切除術で完治可能。しかし、挙児希望がなければ子宮全摘術を行うこともある。

Ia期は程度が軽い場合は円錐切除術で子宮を残すことが可能であるが、円錐切除術で病変を取りきれない場合は子宮全摘術を行う。

Ib期以降の進行癌の場合は子宮の他、卵巣や卵管、その周りのリンパ節などの臓器も摘出する。国内ではIII期やIV期でも手術をおこなうことがあり、III期では動静脈を切断して靭帯の根部から摘出する術式が、IVa期では膀胱、直腸なども摘出する術式が取られることもある。

米国の子宮頚癌ガイドラインではIA2期以降では放射線療法単独療法、IB2期以降では放射線療法化学療法併用療法が推奨されている。







中医学ではその病名だけではなく、症状や体格体質など(「証」と言います)をみて処方を決めます。
「証」に応じた処方を行うことにより、さらに様々な自覚症状が改善されていきます。

最終編
当中国医学センターから本場針灸の中医学実績と症例を紹介致します

今の最新中国おすすめの人気漢方名医実績とデータを詳しくご紹介致します、ご参考ください。


工事中

(首都医大学附属北京中医医院, 北京100010)


当中国医学センターでは、
今まで西洋医学また保険診療漢方外来、病院のエキス剤、粉薬、錠剤などいろいろな法を試しても満足しない方は、当中国医学センターの高品質漢方煎じ薬、民間薬をおすすめします




安心安全な漢方薬
漢方薬の安全性について、当中国医学センターの漢方はすべて大手漢方生薬メーカーの「ウチダ和漢薬」などから仕入れし、「薬局製剤指針」より作られ。安全の確保のため、すべての生薬は理化学試験、重金属ヒ素残留農薬管理、微生物など検査済みで高品質ものです




お問い合わせ

薬局・-ページトップへ戻る
当中国医学センターの漢方相談対応可能地域


 千代田区(銀座) 中央区 港 区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 東久留米市 西東京市 武蔵野市 三鷹市 狛江市 調布市 清瀬市 東村山市 小平市 小金井市 稲城市 多摩市 府中市 国立市 国分寺市 東大和市 立川市 日野市 武蔵村山市 昭島市 町田市 瑞穂町 羽村市 福生市 八王子市 青梅市 日の出町 あきる野市 檜原村 奥多摩町・上野、池袋、品川、横浜、日本橋、など

千葉県
習志野市、船橋市、我孫子市、流山市、取手市、柏市、野田市、市川市、松戸市、柏市、三鄕市、鎌ケ谷市、八千代市、四街道市、印西市、利根町、取手市、龍ケ崎市、稲敷市、鹿嶋市、潮来市、行方市、牛久市、土浦市、石岡市、霞ヶ浦市、小美玉市、千葉市、東金市、佐倉市、成田市、大栄、佐原、成東、八街市、酒々井町、栄町、神崎町、旭市、銚子市、市原市、茂原市、勝浦、木更津市、袖ヶ浦市、横芝光町、山武市、芝山町、多古町、大網白里市、香取市、白井市、蘇我市・・など

北海道地方:北海道(札幌)
東北地方:青森県 岩手県(盛岡) 宮城県(仙台) 秋田県 山形県 福島県
関東地方:茨城県(水戸) 栃木県(宇都宮) 群馬県(前橋) 埼玉県(大宮) 千葉県 神奈川県(横浜)
中部地方:新潟県 富山県 石川県(金沢) 福井県 山梨県(甲府) 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県(名古屋市)
近畿地方:三重県(津) 滋賀県(大津) 京都府 大阪府 兵庫県(神戸) 奈良県 和歌山県
中国地方:鳥取県 島根県(松江) 岡山県 広島県 山口県
四国地方:徳島県 香川県(高松) 愛媛県(松山) 高知県
九州地方:福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
横浜市 大阪市 名古屋市 神戸市 京都市 福岡市 川崎市 さいたま市 広島市 仙台市 北九州市 千葉市 世田谷区 堺市 新潟市 浜松市 熊本市 相模原市 練馬区 静岡市 岡山市 大田区 足立区 江戸川区 船橋市 鹿児島市 八王子市 川口市 杉並区 姫路市 板橋区 松山市 宇都宮市 東大阪市 松戸市 西宮市 倉敷市 市川市 大分市 金沢市 福山市 江東区 尼崎市 長崎市 葛飾区 町田市 富山市 豊田市 高松市 横須賀市 岐阜市 藤沢市 枚方市 柏市 宮崎市 豊中市 長野市 豊中市 一宮市 岡崎市 高崎市 和歌山市 奈良市 品川区 高槻市 吹田市 旭川市 高知市 川越市 いわき市 所沢市 前橋市 郡山市 大津氏 北区 越谷市 新宿区 秋田市 那覇市 中野区 四日市市 春日井市 久留米市 青森市 盛岡市 福島市 明石市 津市 豊島区 長岡市 下関市 市原市 函館市 茨城市 水戸市 目黒区 八尾市加古川市 福井市 徳島市 佐世保市 平塚市 府中市 山形市 富士市 墨田区 草加市 松本市 呉市 寝屋川市 佐賀市 八戸市 春日部市 茅ヶ崎市 大和市 宝塚市 厚木市 上尾市 調布市 太田市 つくば市松江市 伊勢崎市 文京区 港区 渋谷区 荒川区 上越市 熊谷市 沼津市 鈴鹿市 岸和田市 甲府市 小田原市 鳥取市 山口市 西東京市 伊丹市 日立市

をもとに、千葉、埼玉、茨城、日本全国対応の難治性疾患の漢方薬相談専門店


















 
  
Copyright(C) All Rights Reserved.